Story

白猫マイカ

白猫マイカ

SF小説家の愛した猫

SF小説家A・ジンデルの愛猫マイカ。真っ白な毛に水色の目、ピンクの肉球の美しい猫。人間不信と絶望に満ちた宇宙開発小説で有名となったジンデルだったが、ひょんなきっかけで子猫と暮らすようになって以来、作風は一変。愛するマイカのためだけに書いた物語は愉快な冒険小説として児童に人気となった。マイカが家出をしていた七日間の空想と狂乱を書いた『白猫マイカの宇宙旅行』は、彼の白猫マイカシリーズの代表作であり、映画に漫画にアニメーションなど、様々なメディアで取り扱われた。

 

nekoani1.gif

白猫マイカ・キャプテンマイカについては、フリーペーパー金星灯通信vol.04vol06にも詳しく書かれています(WEBで全文ご覧いただけます)