Gallery

サムネイル画像をクリックすると全体画像が、タイトルをクリックすると詳しい解説が見られます。

本(zine)

幻のデパート『金星灯百貨店』の物語

物語に写真コラージュやイラストの挿絵をつけた本や、漫画など。

≫Online Store - 金星灯百貨店の本

『あこがれ』

夢のアイスキャンデー

魔法のミシン

切ないサーカス

幸福な世界の果て



きらきら光る四つのあこがれの物語

 

akogare-2.jpg

「あこがれ」というテーマに沿って制作したオブジェや古い家族写真のコラージュと、そのモチーフにまつわる物語の本。

akogare-3.jpg

金星灯百貨店が、一番初めに発行した本。
「あこがれ」というタイトルの企画展に参加した際に、出品作品のカタログとして、また、作品の最後の一つとして作りました。

akogare1.jpg

akogare3.jpg

akogare2.jpg

akogare5.jpg

現在販売中の本は、 2011年3月発行の自家プリント版を文庫化したものです。
---
タイトル:『あこがれ』カラー文庫版
著者  :琴西 東 (金星灯百貨店)
発行年月:文庫版 2017年5月7日
サイズ :文庫(A6 短辺10.5cm×長辺14.8cm)
ページ数:本文44ページ
印  刷:オンデマンド印刷(カラー)
---

『鈴成寿々女の銀幕世界』パンフレット

鈴成寿々女(すずなりすずめ)ちゃんは、2101年生まれの子役スターです。

本書は、金星灯百貨店100周年プロモーション映画『鈴成寿々女の金星灯百貨店案内』の公開を記念し、寿々女ちゃんの出演代表作を振り返ったパンフレットです。

ginmaku640_2.jpg

 

寿々女ちゃんの共演者として、また、作中の登場人物として、金星灯百貨店の作品にたびたび登場するキャラクターたちも姿をあらわします。

 

ginmaku640_3.jpg

 

寿々女ちゃんの写真は、主に昭和30年代の家族写真のコラージュです。

 

2012年の個展『鈴成寿々女の銀幕世界』では、ポスターや関連商品も展示されました。
---
タイトル:『鈴成寿々女の銀幕世界』パンフレット
著者  :琴西 東 (金星灯百貨店)
発行年月:2012年8月
サイズ :A5縦型
ページ数:表紙込み20ページ
印  刷:モノクロオンデマンド印刷
---

物語『よもぎはわたしのしろいいぬ』

四月のレンゲソウの紅いカーペットの上で、

シロツメクサの揺れる五月の野原、青空の下で、

はたまた金木犀の零れる濃紺いろの十月の夜に、

われわれは再び出会うのだ

 

「エーテルレンズ大サーカス」のブランコ乗りの少女れんげと白犬よもぎ
犬との約束を忘れた少年
キンモクセイの夜に別れた“わたし”とノラネコ

現実と夢、過去と未来を行き来しながら無限の白犬と出会い、別れ、またいつか出会う物語

 

yomogi640.jpg

 

 

 2013年10月に開催された個展「よもぎはわたしのしろいいぬ」の軸となるストーリーの本です。

yomoten1.jpg

 

yomoten2.jpg

 

---
発行年月:2013年10月
サイズ :A5縦型
ページ数:表紙込み20ページ
印  刷:表紙オンデマンド、本文孔版印刷(一部頁2色刷り)
※本文は印刷の特性上、摩擦や水濡れにより色落ち・色移りする場合があります。
---

漫画『ジンデルさんとロボとマイカちゃん/キャプテンマイカの船内日誌』

ジンデル本5.jpg

SF小説家 A・ジンデルと彼の親友の玩具のロボットと子猫マイカのおはなし。
宇宙を旅する白猫キャプテンマイカと相棒のロボの冒険記。
一冊の本の裏表両側から小さなそれぞれの物語が始まり、本の真ん中で出会います。

ジンデル本3.jpg

ポストカードやスタンプなど、金星灯百貨店のグッズではおなじみの白猫マイカがどのような冒険をするのか、マイカと一緒に旅するロボットは何者なのか、マイカの物語を書いた小説家ジンデルさんは何を求めていたのか、少しずつ明らかになってゆきます。

ジンデル本4.jpg

本文は紺色刷り、一部蛍光オレンジと紺色の二色刷り。

ジンデル本2.jpg

---
発行年月:2015年3月20日
サイズ :A5縦型
ページ数:表紙込み16ページ
印  刷:表紙オフセット、本文孔版印刷(一部頁2色刷り)
※本文は印刷の特性上、摩擦や水濡れにより色落ちする場合があります。
---

1 2 3